【6-5攻略】バルジ駆逐のススメ

みなさん、6-5は好きでしょうか。僕は嫌いです。

何が嫌いかって、あの安定とは対極に位置するマップ。

全く同じ編成で攻略しているのに、ある月ではストレートだったり、また次の月には沼ったりと、機嫌次第で難易度が激変。

こんな海域、できるなら行きたくないのですが、そこは提督の性。

スルーするストレス>6-5を攻略するストレス という構図のために、また今月も血反吐を吐くことになります。かなしいですね。

 

初めに

さて、本記事は6-5で、ボス到達率とボス撃破率を高い水準で保ち、その両立を目指す、ということに主眼をおいた攻略記事になります。

また、最初に断りを入れておきますが、紹介する編成は改修装備・重婚艦隊・増設マシマシです。そして資材消費に関しても良好とは言えません。

そのため、この記事はある程度練度・装備が整っている提督を想定したもので、6-5攻略する自力はあるがもっと楽な編成を知りたい、 という方向けの記事になっています。

「初めて6-5を攻略する!」という方にはお役に立てない可能性があります。

以上をご了承の上で読み進めていただければ幸いです。

 

対空噴進弾幕

憎き6-5ですが、最近大きな追い風が吹きました。

対空噴進弾幕の実装です。

知っているという方も多いでしょうが、ざっくり説明すると、「12cm30連装噴進砲改二」を装備した「航空戦艦」「航空母艦」「水上機母艦」「航空巡洋艦*1 は対空噴進弾幕を発動でき、開幕航空戦での攻撃を無効化することができます。

つまり、

こいつとか

f:id:gurase:20180501200048p:plain (空襲戦の脇を固めるにくいやつ)

こいつとか

f:id:gurase:20180501175851p:plain ( い つ も の )

こいつとか

f:id:gurase:20180501175848p:plain (冬イベで太った疑惑)

の開幕航空に怯えなくてよくなるということです。

とても強力ですが、もちろん万能ではなく、前述のように発動できる艦種が限られています。

トリガーとなる「12cm30連装噴進砲改二」は潜水艦以外の全艦が装備可能ですが、対空噴進弾幕の発動は4艦種+武蔵改二しか出来ません

そして、対空噴進弾幕は確率発動という点。

発動可能な艦に積めば開幕航空を完全に防御してくれる無敵の盾ではなく、あくまで発動した時に限り無効化してくれます。

肝心の発動率ですが、通常範囲の装備ならば、艦によりけりですがざっくり40%~60%*2 というところでしょう。*3

この確率をどう捉えるかは個人の価値観によるでしょうが、6-5でも特に厄介なマスであるGマスの空襲戦で、空母に関しては基本的に被弾を考えなくていいというのは非常に強力です。

 

噴進砲改二を……つくろう! 

 

編成紹介&解説

前置きが長くなりましたが、こちらが今回紹介する編成になります。

f:id:gurase:20180501213314p:plain

特徴としてはなんと言っても駆逐艦

コンセプトとしては、6-5編成で特に大破しやすい重巡(航巡)・駆逐・雷巡の3隻のうち、重巡(航巡)は旗艦に置いてカバー、駆逐には装甲で耐えてもらうことで、テンプレート編成*4 に比べて、極力弱点を減らした編成です。

また6-5でも特に厄介なGマスの空襲戦では、空母に対空噴進弾幕をさせることで、この2隻に関しては被弾する可能性を大きく減じています。

総じて言えば、テンプレ編成の火力を落とした代わりに、道中突破率に寄せた編成と言えるでしょう。

火力が落ちたと言っても、武蔵改二を起用することで耐久性だけでなく夜戦火力も盛り込み、Saratogaには戦爆連合CIをさせることで、(発動すれば)高威力・高命中の攻撃が可能です。

そのため、道中突破・ボスの撃破に必要な火力は十分に確保されています

 

以下、各艦の解説

f:id:gurase:20180501210039p:plain

1.摩耶改二

我らが対空番長。秋月型を採用しないため必須です。

火力に寄せた編成で採用されがちな鳥海と比較すると、装備も相まって火力はどうしても低くなってしまいます。

しかし夜戦火力は十分で、ボス戦での随伴掃除はもちろん、空母棲姫相手でも耐久次第では撃沈が見込めるでしょう。

f:id:gurase:20180501210108p:plain

2.武蔵改二

我らが大戦艦。制空補助、高い耐久と装甲、高い昼戦火力に夜戦火力と、様々な面でこの編成を支えるいわば大黒柱。5スロは偉大。

しかしながら資材消費は劣悪の一言。とはいえそれに見合う働きはしてくれます。

f:id:gurase:20180501210120p:plain

3.Saratoga Mk.II Mod.2

高耐久 高装甲 膨大な搭載数を誇る米国からの頼れる助っ人。

テンプレート編成の五航戦2隻編成と同等の制空値を稼ぎつつ、戦爆連合CIで強力な一撃をお見舞いできます。戦爆連合CIを諦めて、代わりに艦戦を積めば彩雲を(瑞鶴に)積むことも可能な汎用性の高さもグッド。

極めつけは素運の高さ。運は対空噴進弾幕の発動率に影響を与えるため、運が高いSaratogaは他の空母に比べて高確率で対空噴進弾幕を発動できます。*5

強い(確信)

f:id:gurase:20180501210130p:plain

4.瑞鶴改二甲

翔鶴と迷ったものの素運の高さから採用。

持ち前の高スペックさで、実質火力は同航戦昼キャップの180に限りなく近い179。

運の高さから対空噴進弾幕の発動率もSaratoga以上 *6 と非常に優秀。

f:id:gurase:20180501210137p:plain

5.Верный

この艦隊の特徴にして問題点。

この装甲87がどれほどの固さかというと、2戦目の同航戦ヲ級改の攻撃が直撃したとしても(無傷なら)50%以上中破で踏み留まれます。反航戦ならばクリティカルがいい感じに入らない限り、確実に踏み留まれます(割合ダメ率: 49.4%)。

タ級が相手なら更に頑丈で、同航戦でも割合ダメ率: 43.7%。通常ダメージの範囲内の最大値を引いても中破で耐えることが可能です。反航戦なら言うまでもなく、割合ダメ率は80%超え。クリティカルがよほど良いダメージを出さない限りワンパンはありえません。

代償としては秋月型の対空能力と夜戦火力が失われています。

しかし摩耶と秋月砲装備の北上がいるため、艦隊全体の対空能力はそこまで変わりません。

テンプレ編成における秋月型も、元々ボス夜戦での火力を期待して入れているわけではないので、夜戦火力の低下も大きな穴にはならないでしょう。

つまり、対空は摩耶と北上に任せ、本人はガチガチに防御の構えを取った秋月型、というのを想像してもらえばいいと思います。

f:id:gurase:20180501210145p:plain

6.北上改二

我らがハイパーズの一角。ルート固定的にも、夜戦火力としても編成することは必須条件。

編成では北上ですが大井でもいいでしょう。

装備は改修秋月砲×2 一択

艦隊防空ボーナスが少しでも欲しいので、★9以上推奨です。

基本的に道中撤退の原因はこの雷巡の大破になりますが、これに関してはどうしようもないので祈りましょう。ピン刺しでキラ付けてもいいかもしれません。

 

基地航空隊

f:id:gurase:20180501211919j:plain

f:id:gurase:20180501211929p:plain

基地は画像の通り。テンプレですね。

Cマスに第一航空隊を1回、ボスに残りの3回を投げます

最終編成ではボスに全集中でもいいかもしれません。

 

Q&A

Q.1 バルジガン積みしても、事前にカスダメ貰ってたら大破するなら秋月型と同じじゃない?

A. むしろカスダメを考慮すると、より大破しにくいです。

秋月型に2戦目のヲ改・フラタの攻撃が直撃した場合、同航戦だろうと反航戦だろうと、割合ダメージ率は0%です。

踏みとどまるにしても、ほぼストッパーが働いて中破になるというパターンが大多数を占めるでしょう。すでにカスダメを貰っているなら大破撤退は免れません。

対して、バルジガン積みのВерныйは、同航戦ヲ改に対しては割合ダメージ率約7%。フラタには約44%。反航戦ならば約50%に約78%と、事前にカスダメを貰ってなお踏みとどまれる可能性があります。

 

Q.2 テンプレート編成に比べて対空能力落ちてない? ヲ改棒立ちにできるの?

A. できます。

対空に振る時の目安として、対空CI発動時の固定撃墜数が敵スロットの艦載機数を超えているのが一つの指標として挙げられます。

この編成の中で一番固定撃墜数が低いのがВерныйの35機。

ヲ改の36機には1機足りませんが、基地航空隊1回と、本体の航空戦で1機も削れず、更にВерныйが全スロットの対空砲火担当になる、というのは相当運が悪くない限りありえません。

ただし、摩耶&秋月型を採用した防空寄りの編成に比べると、対空CIの発動率が摩耶(60%)+秋月(65%)→摩耶(60%)になるため*7、その分だけ棒立ち率は低下します。

 

Q.3 じゃあ空母棲姫を棒立ちさせることは?

A. かなり厳しいです

とはいえ基地と本体の航空戦の頑張り次第では不可能ではないため、棒立ちしたらラッキー程度には期待できます。

 

Q.4 すごい増設しまくってるけど、穴開けなくても平気?

A. 正直言って、穴開け必須です。

正確には、専用対空CIと弾着の両立が必要な摩耶、加重対空値的にも対空噴進弾幕的にも噴進砲改二を積みたい空母、バルジ駆逐のВерный、この4隻が必須です。

武蔵と北上に関しては、増設するに越したことは無いとはいえ、一応なくても平気です。

 

Q.5 摩耶に積んでる対空電探はFuMOでも平気?

A. FuMOでも大丈夫です。

FuMOを積んだ場合は艦隊防空ボーナスが減り、Верныйの固定撃墜が34機になりますが、実戦レベルだと誤差の範囲です。

むしろ用意している人が少ない改修21号改よりも、多くの人が持っていて、かつ火力も少し上がるFuMOの方が適しているかもしれません。

 

Q.6 強い強いっていうけど、実際にボス到達率はどんなもんなの?

A. わかりません。

全てを台無しにして申し訳ないのですが、この編成は今月初めて採用したものです。

ボス到達率は6/7と上々でしたが(ボス撃ち漏らしなし)、来月以降もこの戦績を維持できる保証はありません。

 

Q.7 つまり?

A. より良い編成を知ってる方は教えてください。

 

ありがとうございました。

 

*1:後のアップデートで実装された武蔵改二も可能 武蔵改二は対空噴進弾幕を発動出来ません。失礼しました

*2:伊勢・日向は発動率が他の艦に比べて高くなっている模様

*3:https://twitter.com/noratako5/status/976988915734228992

*4:僕の考えるテンプレート編成 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/gurase/20180501/20180501220245.png

*5:画像の装備だと約65%

*6:画像の装備だと約66%

*7:対空CIは艦隊優先度が高い順に発動の有無が試行される

防空寄りの編成では秋月の対空CI(65%)が不発した場合、摩耶の対空CI(60%)が試行される2段構えのため、両者ともに不発する可能性は14%とかなり低い